ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
烏爾禾魔鬼城観光案内
   

烏爾禾魔鬼城は、カラマイ市から西南に100キロ離れたジュンガル盆地北西部のチャムス河下流にあるウルホ鉱区に位置する。地元住民やモンゴル人はスルムハクと呼び、カザフ人はシャイタンクルシと呼ぶ。どちらも鬼の城という意味である。魔鬼城の縦横の距離は5km以上あり、面積は約10平方キロメートル。海抜は約350m。ここは1億年ほど前の白亜紀には巨大な淡水湖で、湖岸には植物が生い茂り、湖にはウルフ剣竜や首長竜、恐竜、ジュンガル翼竜などの古生物が棲息していた。当時は水生物が集まる楽園だったのだが、2度の地殻変動により湖は砂岩と泥岩に覆われた陸地の砂漠となってしまった。

遠くから風城を眺めると、さながら中世ヨーロッパのお城のようである。大小様々なお城が立ち並び、高さも皆まちまちである。この地は千年以上も雨風にさらされるうちに削られ、地面に深さの違う穴ぼこができ、そのむき出しの石の層が狂風に削られて奇怪な形状を作り上げたのである。あるものは恐ろしい形相をした怪獣のようだし、あるものは凹凸のはっきりした高くそびえる古城のようだ。またこちらのはあずまやと楼閣のようで、あちらのは雄大な宮殿がそびえているようである。