ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
アルタイ山観光案内
   

アルタイ(阿爾泰)山は新疆の北部とモンゴルの西部にあり、北西がロシアまで延長して、北西=南東の方向に続いていて、中国、カザフスタン、ロシア、モンゴルを横断して、2000M余り、中国の中にアルタイ山が中段の南に属して、山体の長さが500キロ以上、標高1000-3000M、主な山の尾根が3000M以上、北部の主峰(友誼峰)標高4374Mです。アルタイの森林が大抵1800-1900Mの高さにあり、敷地面積1611457ヘクタール、この中に1002000ヘクタールが特級保護区で、年平均温度が0℃、7月高山雪線以下の平均温度が15-17℃、冬の最低の温度がマイナス62℃、年降水量500-700ミリメートルです。アルタイ山は文化遺跡もあり、大昔に大量の旧石器時代の文化財も発掘しました。たくさんの部落民族がここで生息、繁殖しました。チンギスカン、トルコ、ウイグル、モンゴルなどはここで歴史の遺跡が残り、18世紀半ば、アルタイがロシアに属されて、金山=アルタイ山では一番注目を引く歴史遺跡が西暦5世紀部落首領のお墓です。お墓の構造が複雑で、大きさがそれぞれで、数が100余り、中に埋葬した芸術品が世にも珍しい宝とも言えます。